医師の紹介

ごあいさつ

  • 院長 緒方昭逸

    院長 緒方昭逸

    院長の緒方昭逸(おがたしょういつ)です。
    60歳を機に独立開業し20年以上、世田谷区にお世話になっております。
    外科医の間に「鬼手仏心」という言葉がよく使われます。私は決して鬼手ではなく、理にかなった手技という意味で「理手仏心」を心として過ごしてまいりました。
    これからも「理手仏心」を心に地域医療に尽力させて頂く所存です。
    変わらぬご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

  • 副院長 緒方昭彦

    副院長 緒方昭彦

    副院長の緒方昭彦(おがたあきひこ)です。              (乳腺外科 担当)
    私の医師としてのスタートは東京医科大学病院において肺がんの診断・治療に携わる事からでした。その後、消化器外科、心臓血管外科、救命救急という場で修練を重ねさせて頂き、関連施設での診療経験を経て、乳腺疾患の診断・治療に携わる医師として東京医科大学病院の乳腺科で診療してまいりました。
    2014年3月より私の専門である乳腺外科を診療科目に加えさせて頂きました。
    乳腺・乳房について、ご心配なことご相談ください。
    院長とともに地域のみなさまのホームドクターになれるよう努力してまいります。何卒宜しくお願い申し上げます。

略歴

院長 緒方昭逸 外科・内科 担当

東京医科大学卒業(昭和30年卒)
東京医科大学病院 外科学教室
おがたクリニック開業(平成4年)
医療法人社団おがたクリニック(平成11年)

副院長 緒方昭彦 乳腺外科 担当

東京医科大学卒業(平成8年卒)
東京医科大学病院 第一外科(現:呼吸器・甲状腺外科)
社会保険蒲田総合病院 外科
東京都健康推進財団多摩がん検診センター 乳腺科
東京都立荏原病院 外科
東京医科大学病院 乳腺科 助教・病棟医長
東京医科大学病院 乳腺科 兼任助教

資格

  • 医学博士
  • 日本乳癌学会認定 乳腺専門医
  • 日本外科学会認定 外科専門医
  • マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 マンモグラフィ読影認定医(AS評価)
  • 世田谷区医師会マンモグラフィ読影委員

所属学会

  • 日本乳癌学会
  • 日本外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本レーザー学会